コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
TEL:03-5379-3733/FAX:03-3353-6881 アーティストサービス TEL:090-3727-6539/FAX:03-3353-0517


アーティスト
リスト


 
セバスティアン・マンツ(クラリネット)Sebastian Manz (Clarinet)

“滅多に1位を出さない”ことで著名なミュンヘン国際音楽コンクール。
そのクラリネット部門で実に40年ぶりに第一位が授与された。(2008年)
セバスティアン・マンツ。当時22歳のドイツの若者は
歴史にその名前を刻むこととなった。
       

 メディアは“まるでジャグラーが巧妙にボールをさばくように、メロディと音をその音質とニュアンスを自在に変化させつつ繰り出していく”(南ドイツ新聞)演奏家であるとマンツに熱狂する。“演奏に対する圧倒的な熱意と完璧な技術を併せ持つ”(ウエストドイチェ・アルゲマイネ紙)。更にライニッシェ・ポスト紙はマンツのCD《In Rhythmについて“…スウィングするように躍動し、刺激的でかっこよく、爽快、時に涙にくれるよう。決して飽きることがない…”と評している。

 ロシアの伝説的ヴァイオリニスト、ボリス・ゴルトシュタインを祖父に、共にピアニストである両親の元1986年ハノーファーに生まれたマンツは、両親の祖国であるドイツとロシアに音楽のルーツを持つ。6歳で少年合唱団に入り、まずピアノを始める(今でも達者な腕前)が、程なくベニー・グッドマンによるカール・マリア・フォン・ウェーバーの変ホ長調の協奏曲を聴いて虜になったクラリネットに打ち込むようになる。彼が指導を仰いだ中には彼のザビーネ・マイヤーとライナー・ヴェーレもいる。

 大きな飛躍のきっかけとなったのは2008年9月のミュンヘン国際音楽コンクールでのセンセーショナルな成功である。マンツは40年間該当者のなかったクラリネット部門の第1位になったばかりでなく、誰もが望む聴衆賞や他の特別賞を獲得した。その数か月前にはピアノのマルティン・クレットと組んだ《デュオ・リウルとしてドイツ音楽コンクールでも優勝している。以来、若手演奏家の中でも最も人気のあるソリスト、室内楽演奏家の一人である。エコー・クラシック賞の二度の受賞は、この世代で最も需要のある演奏家の一人であることを裏付けている。2010年よりSWR交響楽団(シュトゥットガルト放送交響楽団)のソロ・クラリネット奏者を務める。

 ソリストとしては13歳でソリストとしてハノーファー音楽院オーケストラと最初のツァーを経験し、ユンゲ・ドイチェ・フィルにも参加。非常に若くしてゲッティンゲン交響楽団、ニュルンベルク交響楽団、ホーフ交響楽団、ミュンヘン交響楽団、ダルムシュタット国立管弦楽団、ヴュルテンベルク室内管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団などと共演。 また、これまでにメクレンブルク・フォアポメルンや、ルードヴィヒスブルク、マインツ、ハイデルベルク、ラインガウの音楽祭にも参加している。

 2014/2015シーズンに、ベルン、シュトゥットガルト、ハイルブロン、キール、バーデン=バーデン、オズナーブリュックなどを廻る他、ヴュルテンベルク室内管弦楽団、ドグマ室内管弦楽団と共にドイツ国内ツァーを行う。またラインガウ音楽祭、メトラッハ室内楽フェスティバル、ヴァイルブルク城コンサート、ヴォルフスブルクのモヴィメントス祝祭週間などで客演の予定。更に、ヘルベルト・シュッホ、ヴェロニカ・エーベルレ、ダニエラ・コッホ、ラモン・オルテガ・ケロといった演奏家達との共演でミュンヒェン、ニュルンベルク、ドレスデン、デュッセルドルフ、ボン、ルードヴィヒスハーフェン、インスブルック、イスタンブール、ビルバオの舞台に立つ。2015年12月3日には、ドルトムントのコンツェルトハウスでの3年に及ぶ《ユンゲ・ヴィルデシリーズ》最終コンサートが開催される。また先立つ7月にはシュトゥットガルトで、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮のシュトゥットガルト放送交響楽団によるカール・ニールセンのクラリネット協奏曲のソリストを務める。

 既に9枚のCDをリリースしているが、そのどれもがマンツのこの楽器における多様な才能を示すものとなっており、またスタンダードからレアな作品までを含む興味深い構成が印象的である。最新録音はデンマーク弦楽四重奏団と共演で、ローベルト・フックスとヨハネス・ブラームスのクラリネット五重奏曲の聴き比べとなっている。
また、演奏活動の傍らで、学校にクラシック音楽を届けるラルス・フォークト創設の組織《ラプソディ・イン・スクールの活動にも携わっている。

 日本にはすでに学生時代、兵庫県内での音楽祭に招かれているが、本格的なデビューは2012年12月ロータス・カルテットの日本ツアーに同行した際のことであり、その演奏はNHKでも放送されるなど絶賛を博した。
その他、札幌交響楽団や広島交響楽団、兵庫芸術文化センターでの彼を主体としたプロジェクトやマスタークラス、リサイタルツアーも度々行っている。
 まだ、非常に若くしてすでに完成された音楽家であるセバスティアン・マンツの今後に対する欧州音楽界の期待は非常に大きいと申しても決して過言ではないであろう。

(2014年8月現在)

使用楽器:ヘルベルト・ヴルリツァー製クラリネット
リード:アルンドスのアイーダ;ピルガーストルファーのモレー

(C) Kojima Concert Management (KCM) All Rights Reserved

※このアーティストについてのお問い合わせ・御依頼の際は下記にご連絡ください。

 KCMアーティストサービス Tel. 090-3727-6539
 E-mail.
kojimacm@ops.dti.ne.jp
 KCM東京事務所 Tel. 03-5379-3733 Fax. 03-3353-6881



セバスティアン・マンツ NEWS

セバスティアン・マンツ 新聞・雑誌 掲載記事

コンサートレヴュー

プロジェクトニュース

協奏曲 主要レパートリー

セバスティアン・マンツ オリジナルホームページ


アーティストリストEnglish