コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
TEL:03-5379-3733/FAX:03-3353-6881 アーティストサービス TEL:090-3727-6539/FAX:03-3353-0517


アーティスト
リスト


 
ジョセフ・ウォルフ(指揮)Joseph Wolfe (Cond.)

 −ウォルフで特別なのは、彼がハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品に寄せる共感と理解であり、これは稀有な天賦の才能です。彼の音楽作りは全く誠実なもので、どこにも虚飾がありません。レパートリーが広いようで、現代ものを沈着堂々とさばく一方で、ロマン派作品でみせる激情を見ると、こちらが彼の本領かもしれないとも思うのです。音楽に対する深い理解と愛情があるのです。−内田光子

 
 その将来を嘱望される指揮者 ジョセフ・ウォルフは 英国王立音楽アカデミーやドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー大学でジョルジ・パウクやラインハルト・ウルブレヒト等に学び、またアマデウス、ボロディン、タカーチなどの名だたる弦楽四重奏団の下でも研鑽を積むなど室内楽奏者としての経験も豊富で近年は自らが主宰するウォルフ・カルテットにおける今後の活動も期待される。

 ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー大学在学中に指揮を学び始め、指揮をコンラート・フォン・アーベル、ヨルマ・パヌーラ、クルト・マズア、小澤征爾に師事。
 ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー大学在学中に指揮を学び始め、早くもブランデンブルク・フィルの指揮者となった。
 英国に戻ってからもギルドホール音楽演劇学校で研鑽を積み、ロンドン・ニムロッド・アンサンブルを結成。その後は、モスクワ交響楽団とチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とのコースを通してコンラート・フォン・アーベル(セルジュ・チェリビダッケの助手)、ヨルマ・パヌーラ教授(ヘルシンキ)の元で学んだ。
 2004年夏のタングルウッド音楽センターに招かれた際には、ひとつのコンサートの指揮をクルト・マズアと分担し、ブリテンのオペラ『真夏の夜の夢』の指揮している。第7回リーズ指揮者コンクール入賞。

 ロンドン交響楽団を度々指揮しているのをはじめとして、ロンドン・フィル、イギリス室内管弦楽団、バーミンガム市交響楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィル、ロイヤル・フィル、シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア、スコットランド室内管弦楽団、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、アイルランド国立交響楽団、オランダ放送フィル、バンベルク交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、日本フィル、札幌交響楽団、東京都交響楽団、東京シティ・フィル、京都市交響楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団、群馬交響楽団などに客演。特に日本には2009年以来ほぼ毎年来日して共演を重ねており、その演奏はいずれも非常に高い水準にあると賞賛されている。
 2017年4月 兵庫芸術文化センター管弦楽団定期(3公演)でエルガー:ヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン=漆原朝子)&交響曲第1番を指揮。同時にライヴレコーディングも行っており、CDとしてのリリースが待望されている。

(2017年4月28日現在)

「ウォルフは“若くて有望な指揮者”から、指揮者として成功するために必要な全てのスキルを具えた本物のアーティストへと成長した。彼は音楽的才能、完璧な技術、素晴らしい耳、そして傑出し尊敬される指導者としてオーケストラと協働していけるパーソナリティを具えている。」ヴォルフラム・グラウル バイエルン放送協会、エグゼクティブ・プロデューサー』

 【classicalsource.com 批評 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団コンサート:「残念ながら『未完成』交響曲はバックグラウンドミュージックともいうべきほどポピュラーになっており、耳にする機会があまりに多い。そういうわけで、ここで美しく奏でられたジョセフ・ウォルフの精妙で心奪う演奏がもたらした喜び(このようなシューベルト音楽の極致を聴いてぴったり適当な言葉が見つからないが)について語るのはとりわけ喜ばしいことである。 [略] ウォルフ指揮によるシベリウスの交響曲第1番の演奏で特に際立っていたのは、シベリウス本来の響きを出すために、チャイコフスキーの影響を抑えて表現していたことである。えてして感傷的に流れがちな緩徐楽章においてすらそれはあてはまる。ウォルフは変化する木管楽器の主題を、弦楽器が交錯するその上を抜けるように際立たせ、それがこの作品の構造に新鮮な魅力を与えていた。それぞれの楽節が真正の動機(モメンタム)を備え、それが作品全体に形式上の統一感を与えていた。これは多くの演奏を聴いても稀なことである」エドワード・クラーク】


※ジョセフ・ウォルフの本名はジョセフ・ファーハド・デイヴィス・ウォルフ。
 彼は英国が誇る巨匠 サー・コリン・デイヴィスの実息。


(C) Kojima Concert Management (KCM) All Rights Reserved

※このアーティストについてのお問い合わせ・御依頼の際は下記にご連絡ください。

 KCMアーティストサービス Tel. 090-3727-6539
 E-mail.
kojimacm@ops.dti.ne.jp
 KCM東京事務所 Tel. 03-5379-3733 Fax. 03-3353-6881

 

【映像・音源資料】
ジョセフ・ウォルフ&ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
●ヴェルディ:歌劇「運命の力」より
●シューベルト:交響曲 第8番 より

ジョセフ・ウォルフ&オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
●ブラームス:交響曲 第2番 より


ジョセフ・ウォルフNEWS


ジョセフ・ウォルフ フォトギャラリー

コンサートレヴュー

プロジェクトニュース

ジョセフ・ウォルフ オリジナルホームページ


アーティストリストEnglish