コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
KCMチケットサービス(全国共通) 0570-00-8255/KCM Tokyo 03-5379-3733 (平日 10:00〜18:00/土 10:00〜15:00/日祝休業)

 
“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
〜関西圏の最大拠点 梅田で展開する藝術音楽〜

ザ・フェニックスホールでのベートーヴェン&ブラームス:ヴァイオリンソナタ
全曲演奏会で新たな境地を切り拓き、多くの聴き手を魅了して止まない名手!
松浦奈々のモーツァルト & R.シュトラウス
松浦奈々(ヴァイオリン/日本センチュリー交響楽団コンサートマスター)

ピアノ:坂野伊都子
   
   
  松浦奈々   坂野伊都子  
 
松浦奈々(ヴァイオリン)・坂野伊都子 (ピアノ)によるメッセージ
↑画像をクリックすると動画がご覧いただけます。



モーツァルト:
◆ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 K.481
◆ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 K.378

R.シュトラウス:
◆楽劇『ばらの騎士』より“ワルツ”(ヴァーシャ・プジーホダ編曲)
◆ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18



2021年 7月14日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール


 入場料(全席指定・税込)

●全席指定:\4,800

●ザ・フェニックスホール友の会会員:\4,300(前売のみ)

●本公演と7月28日 伊藤恵(ピアノ)のベートーヴェン & シューベルト 公演を同時購入の場合2公演合計
 \9,300(KCM・ザ・フェニックスホールにて電話受付・前売のみ限定数)
 ザ・フェニックスホール友の会会員:\8,500

※ザ・フェニックスホール友の会会員の方は、ザ・フェニックスホールチケットセンターのみにて取扱。
※未就学児のご入場はご遠慮願います。
※やむを得ない事情により、演奏曲目等が変更となる場合でも、
 公演中止以外での入場料払戻は致しませんのであらかじめご了承願います。
※公演当日配布プログラムに楽曲解説の掲載はございません。


〈ご来場いただくお客様へのお願い〉
●発熱等の風邪症状があるお客様は、ご来場をお控えください。
●「手指消毒の励行」にご協力をお願い致します。
●マスク、ティッシュ、ハンカチ、 上着の袖などで口と鼻を覆う「咳エチケット」にご協力ください。
●コンサートホールは常に外気からの吸気・排気コントロールを行っています。
●本公演は指定席制にて開催致しますが、諸般の事情により、御座席の移動をお願いする
 場合がございます。ご了承下さい。


主催:コジマ・コンサートマネジメント
協賛:あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社

協力:公益財団法人 日本センチュリー交響楽団


公演チラシ画像


↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。



 発売開始日
2020. 12/23(水) 一般発売開始  
 チケットお申し込み


※御座席のご指定はお任せいただきます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※原則的に公演日2日前まで受付可能です。
注:発売開始日当日は、お電話でのご予約が優先されます。

ザ・フェニックスホール 座席表  

↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。 


※クレジットカードでお買い求めいただけます。
※指定席公演は御座席が指定できます。
※お近くのファミリーマート・セブン-イレブンでチケットが受け取れます。
※通常、公演前日18:00まで販売致します(24時間受付)。


 0570-00-8255/03-5379-3733
※指定席公演は御座席が指定できます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※公演日前最終営業日まで承ります。(平日10:00〜18:00/土曜10:00〜15:00 日祝休業)


 
 プロフィール


松浦奈々(ヴァイオリン)
七歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を首席で卒業、読売新聞社主催による新人演奏会に出演。
第51回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学の部第一位。第54回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第三位。
第15回宝塚ベガ音楽コンクール弦楽器部門第一位。
ヴァイオリンを故・工藤千博、原田幸一郎の両氏に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎の両氏に師事。
在学中よりソロ、室内楽を中心に活動し、東京クヮルテットをはじめジュリアードQ、フェルメールQ、上海Q、バルトークQ、ギュンター・ピヒラー各氏など数々のマスタークラスを受講。
2007年にクァルテットNatsとしてトマス・ツェートマイヤー・クァルテットとサントリーホールにて共演、2009年にはJTアートホールにてレガーメ・クァルテットの第一ヴァイオリンとしてデビューを果たす。これまでに「プロジェクトQ」第1章〜4章、JTアートホール室内楽シリーズ、鎌倉ゾリステン、東京アンサンブル、オーケストラMap's、(財)地域創造公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム、宮崎音楽祭、NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』等に出演。
2011年8月から2015年3月まで日本センチュリー交響楽団アシスタント・コンサートミストレスを経て、2015年4月より同楽団コンサートマスターに就任。
オーケストラだけでなくソロ、アンサンブルにも力を入れ「イザイ全曲演奏会」など精力的に活動している。
2019年度咲くやこの花賞受賞。


坂野伊都子(ピアノ)
京都府出身。第69回日本音楽コンクール2位受賞を皮切りにソロ、室内楽において様々なアーティストと共演を重ね、国内外の音楽祭、録音等様々な室内楽プロジェクトに積極的に参加。第6回宮崎国際音楽祭にてピアノトリオでアイザックスターン氏のレッスンを受講。第7回トリエステ国際室内楽コンクール(イタリア)最高位受賞等、数々の国内外のコンクールにて入賞。国立音楽大学ピアノ科を首席で卒業、武岡賞受賞。桐朋学園大学ソリストディプロマコースにて研鑽を積む。精力的な演奏活動の傍ら母校の国立音楽大学附属高等学校にて後進の指導にもあたる。



公演スケジュール一覧に戻る