コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
KCMチケットサービス(全国共通) 0570-00-8255/KCM Tokyo 03-5379-3733 (平日 10:00〜18:00/土日祝 休業)

 
“KCM Concert at The Phoenix Hall, Osaka”
〜関西圏の最大拠点 梅田で展開する藝術音楽〜

相愛ソロイスツ
SOAI Soloists
         
  スワヴォミル・トマシック 田辺良子   大谷玲子  
   
竹内晴夫 上森祥平 井上麻紀
 


●ヴァイオリン:スワヴォミル・トマシック、田辺 良子、大谷 玲子
●ヴィオラ:竹内 晴夫
●チェロ:上森 祥平
●ピアノ:井上 麻紀



◆シューベルト:弦楽三重奏曲 第2番 変ロ長調 D581
◆シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44
◆コヴァルスキ:ポーランド風協奏曲



2021年 6月30日(水)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール 


 入場料(税込)

●全席指定:\6,000

●ザ・フェニックスホール友の会会員:\5,400(前売のみ)

※ザ・フェニックスホール友の会会員の方は、ザ・フェニックスホールチケットセンターのみにて取扱。
※未就学児のご入場はご遠慮願います。
※やむを得ない事情により、出演者・演奏曲目等が変更となる場合でも、
 公演中止以外での入場料払戻は致しません。ご了承ください。

※公演当日配布プログラムに楽曲解説の掲載はございません。 

〈ご来場いただくお客様へのお願い〉
●発熱等の風邪症状があるお客様は、ご来場をお控えください。
●「手指消毒の励行」にご協力をお願い致します。
●マスク、ティッシュ、ハンカチ、 上着の袖などで口と鼻を覆う「咳エチケット」にご協力ください。
●コンサートホールは常に外気からの吸気・排気コントロールを行っています。
●本公演は指定席制にて開催致しますが、諸般の事情により、御座席の移動をお願いする
 場合がございます。ご了承下さい。


主催:コジマ・コンサートマネジメント
共催:相愛大学
協賛:あいおいニッセイ同和損保/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
後援:毎日新聞社、関西桐朋会


 
 
 発売開始日
2021. 3/18(木) 一般発売開始
   
 チケットお申し込み


※御座席のご指定はお任せいただきます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※原則的に公演日2日前まで受付可能です。
注:発売開始日当日は、お電話でのご予約が優先されます。

ザ・フェニックスホール 座席表  

↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。 


※クレジットカードでお買い求めいただけます。
※指定席公演は御座席が指定できます。
※お近くのファミリーマート・セブン-イレブンでチケットが受け取れます。
※通常、公演前日18:00まで販売致します(24時間受付)。


 0570-00-8255/03-5379-3733
※指定席公演は御座席が指定できます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※公演日前最終営業日まで承ります。(10:00〜18:00/土日祝 休業)


 
   
 プロフィール


スワヴォミル・トマシック(ヴァイオリン)
1983年ショパンアカデミーを優秀な成績で卒業。ヴァイオリンをJ.タブロシェビッチ、K.ヤコヴィッチ、T.ヴロンスキーに師事。ケルンムジークホッホシューレ(ドイツ)にてアマデウス弦楽四重奏団の下で室内楽の研鑽を積む。 国内外のコンクール(ルブリン、カトウィス、ウロクラフ、ハノーファー)で入賞を果たす。
2010年にはシマノフスキー作品全曲を録音。1997年「スケールとアルペジオシステム」をソウルで出版。2000年にはビデオ付きでポーランドでも発売。2006年にはテレマンの「12のファンタジー」を校訂編集。1992年〜1994年韓国のタエグ交響楽団の初代コンサートマスターとして活躍。 ヴロンスキー国際ヴァイオリンコンクール(ポーランド)を始め、世界各国(イタリア、ハンガリー、ロシア、韓国)でヴァイオリンコンクールの審査員を務める。又、ロシア、ポーランド、韓国で公開レッスンを開催。
現在、ワルシャワ・ショパン音楽大学教授、相愛大学客員教授。


田辺良子(ヴァイオリン)
米国インディアナ大学音楽学部卒業、同大学大学院修士課程修了。
高校在学中に渡米、シカゴ響、シカゴ・ポップス響、グランド・パーク響と共演。
インディアナ大学演奏家資格試験に最高点で合格。学長表彰を受けて大学を卒業。
大学院では大学音楽学部の助手として後進の指導にもあたる。
帰国後は神戸室内合奏団のコンサートマスターを10年間務める。関西フィル、大阪シンフォニカー(現 大阪響)とソリストとして共演の他、国内外でソロリサイタルを開催。
民音室内楽コンクール斎藤秀雄賞、バロックザール賞受賞。鷲見三郎、東儀祐二、江藤俊哉、J.ギンゴールド、R.パスキエの各氏に師事。
現在、相愛大学・大学院研究科教授、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー。


大谷玲子(ヴァイオリン)
桐朋学園大学卒業、同研究科修了。ブリュッセル王立音楽院大学院を最優秀で卒業。原田幸一郎、小栗まち絵、江藤俊哉、I・オイストラフの各氏らに師事。
日本音楽コンクール第1位、増沢賞。ヴィエニャフスキ国際コンクール最高位、他数々の主要な国際コンクールに入賞。日欧のオーケストラと多数共演。CD「イザイ:無伴奏ソナタ全6曲」、「Polonaise!」をリリース。2016年J.S.バッハ無伴奏全曲リサイタルを開催。2013年モスクワのD・オイストラフ国際コンクール、2020年ワルシャワのヴロンスキ国際コンクール審査員。
サイトウ・キネン・オーケストラ、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー。
現在、相愛大学・大学院研究科准教授。京都市立芸術大学非常勤講師。



竹内晴夫(ヴィオラ)
桐朋学園大学にてヴィオラ をウィリアム.プリムローズ氏に師事。
東京フィルハーモニー交響楽団特別契約首席奏者を務めた後、渡独。
デトモルト音楽アカデミー、ケルン音楽大学に入学。ティボール.ヴァルガ、ライナー.モークの各氏にヴィオラ を師事する傍ら、ティボール.ヴァルガ室内オーケストラ、ゾーリンゲン市立管弦楽団、サンクト.ガレン市立歌劇場オーケストラ等で首席奏者を務める。
帰国後、サイトウキネンオーケストラ、ファウム.チェンバーオーケストラソウルのメンバー等の他、神戸市室内合奏団、日本センチュリー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団の特別契約首席奏者を歴任する。
いずみシンフォニエッタ大阪メンバー。相愛大学・大学院研究科非常勤講師。


上森祥平(チェロ)
日本音楽コンクール第1位入賞、併せて松下賞受賞。ベルリン芸術大学に留学、国家演奏家資格を取得し卒業。2005年〜2007年ドイツ3大Bチェロ作品全曲演奏会を成功させ、2008年よりバッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を開始。2017年からはJ.S.バッハ及びB.ブリテン無伴奏チェロ組曲全曲演奏会に拡大。毎年各方面から絶賛を受け開催中。NHK・BS・FM他出演多数。小林研一郎、下野竜也等各氏の指揮のもと主要オーケストラと共演。現在、相愛大学・大学院研究科特任准教授、京都市立芸術大学・非常勤講師。京都府文化賞奨励賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。


井上麻紀(ピアノ)
桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。その後、ポーランド・ワルシャワにてショパン音楽院元学長レギナ・スメンジャンカ女史の直弟子として研鑽を積む。帰国後は関西を中心にソロ・室内楽の演奏活動をする傍ら、後進の指導やコンクールの審査員を務める。パデレフスキ国際コンクール第5位、マリエンバート国際ショパンコンクール第2位、安川加壽子記念コンクール第3位など国内外において多くのコンクールで上位入賞。これまでに堤芙喜子、小西淳子、徳末悦子、三上桂子、野島稔、故レギナ・スメンジャンカの各氏に師事。現在、相愛大学・大学院研究科准教授、神戸女学院大学音楽学部、相愛高校音楽科各非常勤講師。

   

公演スケジュール一覧に戻る