コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
KCMチケットサービス(全国共通) 0570-00-8255/KCM Tokyo 03-5379-3733 (平日 10:00〜18:00/土 10:00〜15:00/日祝休業)

 
北山クラシック倶楽部 2021
ミハル・カニュカ ピアノトリオ・プロジェクト
2021年 4月12日(月)19:00開演
京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ
                   
               
ミハル・カニュカ(プロデュース)
プラハの春国際音楽コンクール会長
プラハの春国際音楽祭芸術委員
 
                   
  伊藤 恵
(ピアノ)
  漆原朝子
(ヴァイオリン)
上村 昇
(チェロ・代理出演)
   
※お手持ちのチケットはそのまま有効です。    


【お知らせ】
 
ミハル・カニュカ氏は当初昨年4月に予定しておりました日本公演を、日本政府による緊急事態宣言に基づく外国人入国管理規制に伴い、本年4月に一年延期することと致しました。
しかしながら本年1月4日以降、日本国における外国人入国規制が再強化される一方で、欧州内での公演開催規制が緩和の方向に進んでおります。また、日本政府による二度目の緊急事態宣言が3月7日に全面解除される場合においても、その後外国人入国規制がどの時点で、どのように緩和されるかの見通しが全く立たないのが現状です。
今後早期にカニュカ氏の入国が可能となった場合においても、検疫待機期間を設ける必要性は引き続き維持されると想定されるため、その直前・直後に予定されている欧州での所定の契約を履行することとの両立は困難になることであろうと判断しました。
カニュカ氏本人及び当該日本公演各主催者とも協議の結果、カニュカ氏は演奏を予定していた全楽曲を変更することなく、日本を代表するチェリストである上村 昇氏にその代演をお願いすることと致しました。
ここに謹んで御報告申し上げますとともに、皆様のご理解を賜りたくお願い申し上げます。

2021年 3月 3日 コジマ・コンサートマネジメント

 
   

 

ミハル・カニュカ氏からのメッセージ
 
 
親愛なる友人達、親愛なる音楽を愛するみなさまへ。

全世界に及ぶ感染爆発状況のために、私は4月前半に予定していた日本への
演奏旅行を断念せざるを得ないことを大変残念に思っております。

日本はその文化、歴史、自然のみならず、(ヨーロッパの)古典音楽を
深く理解する高い意識の人々が存在する素晴らしい国だと思っています。

私は過去数十年の間に、ソリストとして、また室内楽奏者として、
もう50回以上日本を訪れています。
北海道から沖縄に至る日本各地で演奏する機会を得て、
どの地でもクラシック音楽を愛する人々と知遇を得ました。
私達が「音楽の喜び」を共有できる機会が
近い将来再びやってくることを強く信じています。

有り余るほどの心からの誠意を込めてご挨拶申し上げます。

プラハより

ミハル・カニュカ

 
 
 


◆ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第5番 ニ長調 op.70-1「幽霊」
◆シューマン:ピアノ三重奏曲 第3番 ト短調 op.110
◆ブラームス:ピアノ三重奏曲 第2番 ハ長調 op.87



2021年 4月12日(月)19:00開演(18:30開場)
京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ 

 
   
 入場料(全席指定・税込)

●一般:¥6,500

●京都コンサートホール・ロームシアター京都Club・京響友の会会員:¥5,800
 (販売枚数限定有 ※京都コンサートホール・ロームシアター京都のみにて取扱)

※前売券の販売枚数が会場定員に達した場合は、当日券の販売はございません。
※未就学児のご入場はご遠慮願います。
※やむを得ない事情により、出演者・演奏曲目等が変更となる場合でも、
 公演中止以外での入場料払戻は致しません。ご了承ください。

※公演当日配布プログラムに楽曲解説の掲載はございません。

〈ご来場いただくお客様へのお願い〉
●発熱等の風邪症状があるお客様は、ご来場をお控えください。
●「手指消毒の励行」にご協力をお願い致します。
●マスク、ティッシュ、ハンカチ、 上着の袖などで口と鼻を覆う「咳エチケット」にご協力ください。
●コンサートホールは常に外気からの吸気・排気コントロールを行っています。
●本公演は指定席制にて開催致しますが、諸般の事情により、御座席の移動をお願いする
 場合がございます。ご了承下さい。


主催:コジマ・コンサートマネジメント
●共催:京都コンサートホール(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)/京都市
●後援:公益財団法人 日本室内楽振興財団/毎日新聞社/村田機械株式会社



 

公演チラシ画像


↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。



   
 発売開始日
2021. 1/29(金) 一般発売開始
   
 チケットお申し込み


※御座席のご指定はお任せいただきます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※原則的に公演日2日前まで受付可能です。
注:発売開始日当日は、お電話でのご予約が優先されます。

京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ(小)座席表  

↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。  


※クレジットカードでお買い求めいただけます。
※指定席公演は御座席が指定できます。
※お近くのファミリーマート・セブン-イレブンでチケットが受け取れます。
※通常、公演前日18:00まで販売致します(24時間受付)。


 0570-00-8255/03-5379-3733
※指定席公演は御座席が指定できます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※公演日前最終営業日まで承ります。(平日10:00〜18:00/土曜10:00〜15:00 日祝休業)


 
   
 プロフィール


伊藤 恵(ピアノ)
ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学、ハノーファー音楽大学において名教師ライグラフ氏に師事。1983年第32回ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人として初優勝。サヴァリッシュ指揮バイエルン州立管と共演し、ミュンヘンでデビュー。その後もミュンヘン・シンフォニカ、フランクフルト放送響(現hr響)、ベルン響、チェコ・フィルの定期公演などに出演。日本ではN響との共演、各オーケストラとの共演、リサイタル、室内楽、放送と活躍。CDの代表作は、シューマン・ピアノ曲全曲録音「シューマニアーナ1〜13」。2007年秋には全集完成記念コンサートを行った。さらに、2008年にリリースを開始した「シューベルト ピアノ作品集1〜6」は1作ごとに注目を集め、第6集は2015年度レコード・アカデミー賞、第70回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。最新盤は「ベートーヴェン ピアノ作品集2」(フォンテック)。
また、サイトウ・キネン・フェスティバル松本はじめ武生国際音楽祭、軽井沢音楽祭、リゾナーレ音楽祭、東京・春・音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなどに参加。1999年から2006年までの8年シリーズではシューマンを、2008年からの新たな8年シリーズではシューベルトを中心としたリサイタルを開催。2018年からは、ベートーヴェンを中心としたリサイタルを開始。1993年日本ショパン協会賞、1994年横浜市文化賞奨励賞受賞。2018年ジュネーヴ国際音楽コンクールの審査員も務めた。現在、東京藝術大学教授、桐朋学園大学特任教授。


漆原朝子(ヴァイオリン)

上村 昇(チェロ)
1975年、京都市立芸術大学卒業。黒沼俊夫氏に師事。76年、第23回文化放送音楽賞受賞。
77年、第46回日本音楽コンクール第1位。海外派遣コンクール松下賞受賞。79年、京都・東京にてデビュー・リサイタルを開く。第6回カサド国際チェロ・コンクール優勝。ヨーロッパ各地で活躍。
83年、第1回京都府文化賞新人賞受賞。86年、東京・京都にてバッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を開催。
91年、ノイマン指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と共演。93年、第5回飛騨古川町音楽大賞奨励賞受賞。
プラハ交響楽団と共演。98年ABC国際音楽賞受賞。2001年、第19回京都府文化賞功労賞受賞。ソリストとしての活躍はもちろん室内楽の分野においても国内外の著名なアーティストたちからの信頼も厚い。また、98年に京都府民ホール・アルティの開館10周年を記念し弦楽四重奏団(ヴァイオリン豊嶋泰嗣・矢部達哉・ヴィオラ川本嘉子)を結成し、定期的に公演を行っている。京都市立芸術大学名誉教授、桐朋学園大学特任教授、大阪音楽大学特任教授、京都市文化功労者。日本演奏連盟正会員。


   

公演スケジュール一覧に戻る