コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
KCMチケットサービス(全国共通) 0570-00-8255/KCM Tokyo 03-5379-3733 (平日 10:00〜18:00/土 10:00〜15:00/日祝休業)

 
非破壊検査創立60周年記念
非破壊検査ニューイヤーコンサート2018
ローマ春のフィオーレ
       
  ロザーリア・ブシェーミ 榛葉樹人     今井俊輔   アヴォス・ピアノ・カルテット  
 


●ソプラノ:ロザーリア・ブシェーミ 
●テノール:榛葉樹人(しんばしげと) 
●バリトン:今井俊輔
●ピアノ・カルテット:アヴォス・ピアノ・カルテット



◆G.ドニゼッティ:オペラ『シャモニーのリンダ』より「この心の光」
◆G.ヴェルディ:オペラ『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』より「プロヴァンスの海と陸」、「乾杯の歌」
◆G.プッチーニ:オペラ『ラ・ボエーム』より「冷たい手を」、「私の名はミミ」
◆P.マスカーニ:オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「インテルメッツォ(間奏曲)」
◆F.P.トスティ:「魅惑」
◆G.ロッシーニ:「誘い」
◆L.アルディーティ:「口づけ」
◆E.ディ・カプア:「オー・ソレ・ミオ」
◆E.デ・クルティス:「帰れソレントへ」
◆S.ガスタルドン:「禁じられた音楽」
◆L.ダンツァ:フニクリ・フニクラ

※都合により、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承下さい。 
 



2018年 1月11日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:ザ・フェニックスホール 


 入場料金(全席指定・税込)

●S席(ホール1階席) ¥8,000(ワインサービス付き)
●A席ホール(2階席) 6,000(ワインサービス付き)

1F席はザ・フェニックスホールチケットセンター06-6363-7999
 (土・日・祝日を除く平日の10:00〜17:00)のみで受付致します。

※1F席は丸テーブルを囲んでワインを味わいながらお楽しみ頂けます。
※2Fは席は開演前、休憩中にロビーでワインをお楽しみ頂けます。
※運転される方、未成年の方へのワインサービスはいたしません。ソフトドリンクをご用意しております。

●主催/読売テレビ ●特別協賛/非破壊検査株式会社
●企画制作/コジマ・コンサートマネジメント
●協力/あいおいニッセイ同和損保、あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール


 

公演チラシ画像


↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。



 発売開始日
10/25(水) 一般発売開始  
 チケットお申し込み


※御座席のご指定はお任せいただきます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※原則的に公演日2日前まで受付可能です。
注:発売開始日当日は、お電話でのご予約が優先されます。

ザ・フェニックスホール 座席表
  

↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。



※指定席公演は御座席が指定できます。
※クレジットカード精算が可能です。
※お近くのファミリーマート・セブン-イレブンでチケットが受け取れます。
※システム利用料、店頭発券手数料又は配送料が別途必要となります。
※公演日7日前までで取扱を終了します。


 0570-00-8255/03-5379-3733
※指定席公演は御座席が指定できます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※公演日前最終営業日まで承ります。(10:00〜18:00/土曜〜15:00 日祝休業)


 
 プロフィール


ロザーリア・ブシェーミ(ソプラノ)
カラブリア州コゼンツァ市のS.ジャコマントニオ国立音楽院声楽科をN.ポリチッキオ氏のもと一等賞で卒業。
また同音楽院の声楽ソリスト・ディプロマコースIIレベル、声楽アンサンブルコースをそれぞれ満点で卒業。
これまでにB.Lazotti, C. Razzi, A. Stragapede, A. Vandi, A. Felle, N. Segalini, L.Serra, I. Gage など多くの著名な指導者に学ぶ。チッタ・ディ・カンポベッロ国際コンクール、ローマのLa romanza da camera国際コンクール優勝後、イタリアを初めフランス、ルーマニア、スロヴァキア、モロッコ、ナイジェリア、カナダなど世界各地で活動を開始。2007年プーリア州コラート市にて行われたパイズィエッロ作『奥様女中』のセルピーナ役でデビュー。
その他、コゼンツァ市立レンダーノ歌劇場におけるG.ロッシー二作『シンデレラ』クロリンダ役、ドニゼッテイ作『ドン・パスクアーレ』ノリーナ役、モデナ市ストルキ劇場『愛の妙薬』アディーナ役、プッチーニ作『ラ・ボエーム』ムゼッタ役などで活躍。オペラ活動の傍ら、レンダーノ歌劇場の合唱指導ディレクターとして『魔笛』、『トゥーランドット』等数多くの公演を成功させたほか、『声による音楽療法』やヴォーカル・テクニック指導をカラブリア大学を初めイタリア各地のアカデミーにて行う。また数々の国内声楽コンクールに於いて審査員長を務めるほか、2010年よりシラクーサ市のCittà del Solコンクール芸術監督に就任。現在、コゼンツァ国立音楽院声楽科講師。

榛葉樹人(しんばしげと)テノール
国立音楽大学音楽学部声楽科を卒業後、東京芸術大学別科声楽専攻を修了。二期会オペラ研修所第49期マスタークラスを修了。
バリトンとして『ラ・ボエーム』マルチェッロ役でデビューし、『カルメン』ダンカイロ、『こうもり』フランク、『ジャンニ・スキッキ』ベット等を好演する。また『第九』のバリトンソロなど合唱曲のソリストとしても活動後テノールへ転向。
これまでに『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『魔笛』タミーノ、モノスタトス、『蝶々夫人』ゴロー、『外套』ティンカ、『妖精ヴィッリ』ロベルトなどで出演。その他にも宗教曲のソリストなどを務め活躍の場を広げている。
またアンサンブルグループ・FORESTA(フォレスタ)のメンバーとしてBS日テレの歌番組「BS日本・こころの歌」に出演中。
二期会会員。新国立劇場合唱団登録団員。カンツォーネ・オペラ教室Veloce講師。

今井俊輔(バリトン)
東京藝術大学声楽科首席卒業。東京藝術大学院独唱科修了。第18回松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞を受賞。同声会新人演奏会、読売新人演奏会出演。
また、皇居内の「桃華楽堂」にて御前演奏を行う。2008年より渡伊、イタリアでの拠点をボローニャ・マントヴァに置く。第46回日伊声楽コンコルソ2位受賞。
過去オペラ作品は、『マクベス』マクベス役、『アイーダ』アモナズロ役、『トスカ』スカルピア役、『ジャンニ・スキッキ』ジャンニ・スキッキ役、『カルメン』エスカミーリォ、『メリー・ウィドウ』ダニロ・ダニロヴィッチ役、『ラ・ボエーム』マルチェッロ役など他作品。
イタリア・ボローニャにてG.ヴェルディ「マクベス」初演版(抜粋)マクベス役。
BS日テレの歌番組「BS日本・こころの歌」にレギュラー出演中の“FORESTA(フォレスタ)”メンバーとして活動。
公益財団法人東京二期会会員。日本演奏連盟会員。

アヴォス・ピアノ・カルテット(ピアノ・クァルテット)
マリオ・モントーレ(ピアノ) 山田美怜(ヴァイオリン)
マルコ・ニルタ(ヴィオラ)アレッシオ・ピアネッリ(チェロ)

2007年、ローマのサンタ・チェチーリア国立音楽アカデミー卒業生有志によって結成される。結成後間もなくイタリア国内外の国際コンクール、音楽祭等で注目を浴びるなど、現在イタリアで最も期待される若い音楽家たちによる室内楽グループの一つである。
ヴェネチアのフェニーチェ劇場、ローマのパルコ・デッラ・ムジカをはじめイタリアの主要コンサート劇場の他、スペイン、ベルギー、オランダ、ドイツ、フランス、ルーマニアなどヨーロッパを中心に年間多数の公演を行っている。2009年より継続している日本ツアーでは、若手音楽家のためのマスタークラスを同時開催するなど、後進の指導・育成にもあたっている。これまで定期的にイタリア国営放送RAIによる国内ラジオ配信に参加し、近年ではモーツァルト、ブラームス、サン・サーンスのピアノ四重奏曲全集CDがAzzura Music、Brilliant Classicより発売された。
結成時よりトリエステ三重奏団、アルバン・ベルク弦楽四重奏団の指導の下、シエナ市のキジアーナ音楽アカデミー及びドゥイーノ市のトリオ・ディ・トリエステ室内楽アカデミーにて研鑽を積む。2010年以降は、ドイツ・ケルン国立音楽大学に於いてアルバン・ベルク弦楽四重奏団に、その他にもベルチェア四重奏団、パルマ三重奏団、フェリックス・アーヨ、イ・ムジチ合奏団、ベートーヴェン・ディ・ローマ四重奏団、ロッコ・フィリッピーニ、エリッソ・ヴィルサラーゼ、ナターリヤ・グートマンをはじめ数多くの世界的なアーティストの薫陶を受ける。
2009年フィレンツェのヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール、トリオ・ディ・トリエステ国際室内楽コンクール(共にジュネーブ国際音楽コンクール世界連盟メンバー)において最高位、合わせてブラームス作品最優秀演奏賞Premio Baldovino、観客投票によるIl Piccolo新聞社パブリック賞を受賞。また2010年シエナのキジアーナ音楽アカデミーよりDiploma d’Onore(名誉学位)とPremio Banca Monte Dei Paschi di Sienaを授与された。



公演スケジュール一覧に戻る