コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
KCMチケットサービス(全国共通) 0570-00-8255/KCM Tokyo 03-5379-3733 (平日 10:00〜18:00/土 10:00〜15:00/日祝休業)

 
KCM Concert Series at Osaka Club No.111
大正時代の洋館建築で味わうヨーロッパ音楽の粋!
ニューヨーク・タイムズから「彼らのコンサートはセンセーショナルの一言につきる!」と絶賛!
現在米国で注目を集める屈指の若手弦楽四重奏団!
アタッカ・カルテット
 
アタッカ・カルテット


◆ハイドン:弦楽四重奏曲 第77番 ハ長調 op.76-3 Hob. III-77『皇帝』
◆ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第1番 ホ短調『クロイツェル・ソナタ』
◆シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D810『死と乙女』



2017年 4月25日(火)19:00開演(18:30開場)
会場:大阪倶楽部4階ホール 1924年(大正十三年)落成 国 登録有形文化財
御堂筋線・京阪線「淀屋橋」駅9番・10番出口から西へ約100m、鶴屋八幡 隣
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目4番11号


※大阪倶楽部は本来、会員制社交倶楽部につき、公演当日18:30以前のご入館はお断り致します。
※4階ホールへのご入場は一般社団法人 大阪倶楽部社員の方々も一般の方々と同じ時刻に同じ順序にて
 ご入場いただきます。ご了承ください。



 入場料金(自由席・税込)

●当日一般券:¥5,000
●前売一般券:¥4,000
早期購入券:¥3,500(12/9(金)〜'17. 2/28(火)迄、KCMにて限定数取扱 ※普通郵便料はKCMが負担します。

※前売券の販売枚数が会場定員に達した場合は、当日券の販売はございません。
※未就学児のご入場はご遠慮願います。
※やむを得ない事情により、演奏曲目等が変更となる場合でも、
 公演中止以外での入場料払戻は致しませんのであらかじめご了承願います。

後援:毎日新聞社

 

公演チラシ画像




17. 4/12 毎日新聞 夕刊



17. 4/14 日本経済新聞 夕刊



17. 4/14 読売新聞 夕刊

         
↑クリックすると拡大画像がご覧いただけます。


   
プロモーションVideo
↑クリックすると動画がご覧いただけます。

     
 発売開始日
12/9(金) 一般発売開始  
 チケットお申し込み


※御座席のご指定はお任せいただきます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※原則的に公演日2日前まで受付可能です。
注:発売開始日当日は、お電話でのご予約が優先されます。



※指定席公演は御座席が指定できます。
※クレジットカード精算が可能です。
※お近くのファミリーマート・セブン-イレブンでチケットが受け取れます。
※システム利用料、店頭発券手数料又は配送料が別途必要となります。
※公演日7日前までで取扱を終了します。


 0570-00-8255/03-5379-3733
※指定席公演は御座席が指定できます。
※御支払い方法は銀行振込。(公演日直前の予約に限り当日精算)
※公演日前最終営業日まで承ります。(10:00〜18:00/土曜〜15:00 日祝休業)


 
 プロフィール


アタッカ・カルテット
2003年に結成されたアタッカ・カルテットは、現在米国でも注目を浴びている屈指の若手弦楽四重奏団のひとつである。古典派から現代音楽まで分野にとらわれず、かつ歴史的奏法および解釈を重んじる演奏を目指し、常に新しい指針を求めて進化し続けている。2008年夏にニューヨーク現代美術館にて行ったコンサートでは、ニューヨーク・タイムズから「彼らのコンサートはセンセーショナルの一言につきる!」と大絶賛をうけ、以降南北米各国、ヨーロッパ、オーストラリア、日本で精力的に演奏活動を行っている。

ジュリアード音楽院在学中からジュリアードQやグァルネリQ、エマーソンQ、フェルメールQおよび東京Qの各弦楽四重奏団に師事。教育活動にも熱心に携わっており、ボストン大学主催「高校生のためのタングルウッド音楽祭」で講師をつとめたほか、2011年9月から2年間ジュリアード音楽院の弦楽四重奏アーティスト・ディプロマコースに在籍し、ジュリアードQのアシスタントとして室内楽を指導した。2014-15年にかけてはニューヨーク・メトロポリタン美術館のレジデント・カルテットをつとめ、2016年秋からはテキサス州立大学でレジデント活動を行う。

これまでに第7回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏の部優勝、第6回メルボルン国際室内楽コンクール第3位およびABCクラシックFM視聴者賞受賞、第60回コールマン国際室内楽コンクール総合優勝、チェサピーク室内楽コンクール最優秀賞、その他多数のコンクールで入賞。2007年にアーティスト・インターナショナルで優勝した際は、カーネギーホールでデビューリサイタルを行った。

2013年には米国を代表する作曲家、ジョン・アダムスの弦楽四重奏曲全集CD「フェロー・トラベラー」をリリースし、2014年にはアダムス作曲の弦楽四重奏協奏曲「アブソルート・ジェスト」のスペイン初演でスペイン国立管弦楽団と公演し、好評を博した。2011年から2016年にかけては、6年間にわたってハイドンの弦楽四重奏68曲すべてを演奏するプロジェクト「The 68」を行い、2015年にセカンドアルバム「キリストの十字架上の七つの言葉」をリリースし、各紙から絶賛を受けた。


公演スケジュール一覧に戻る