コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
TEL:03-5379-3733/FAX:03-3353-6881 アーティストサービス TEL:090-3727-6539/FAX:03-3353-0517


アーティスト
リスト


 
“チェリストとして素晴らしいだけでなく、驚くべき音楽家である。” サー・アンドレ・プレヴィン
  オーレン・シェヴリン(チェロ)Oren Shevlin (Cello)  
  1998年〜 ケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)ソロチェリスト。
2001年  ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクール第2位グランプリ。
     

1969年イングランドのオールダム生まれ。チータム音楽学校と王立ノーザン音楽大学(マンチェスター)でラファエル・ゾマー、ボリス・ペルガメンシコフ、フランス・ヘルメルソンらに師事。ロンドンのギルドホール音楽学校、及びケルン音楽大学を、共に最優秀で修了。1996年にヘルシンキのパオロ国際チェロ・コンクールで第2位を、また2001年のロストロポーヴィチ・チェロ・コンクールでは第2位グランプリを獲得。

1998年以来ソロチェリストを務めるケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)と幾度となくソロ演奏を行うほか、ソリストとしてフィンランド放送交響楽団、ギュルツェニヒ管弦楽団、新モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、ケルン室内管弦楽団、ドイツ室内アカデミー、ポーランド室内管弦楽団、パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団などと共演してきた。ナクソスからヨーゼフ・ハイドンの作品をリリースしている。またロンドンのウィグモア・ホールでも演奏を重ねてきた。

ソリストとしては、サー・アンドレ・プレヴィン、ミハイル・ユロフスキ、エリアフ・インバル、ペーター・ルンデル、ユッカ=ペッカ・サラステ、クリストフ・エッシェンバッハ、エミーリオ・ポマーリコ、ローター・ツァグロゼク、オリヴァー・クヌッセンといった多くの指揮者たちと共演している。ミヒャエル・ザンデルリンク指揮でエルスベス・モーザーと共にソフィア・グバイドゥーリナの《七つの作品》を演奏したのは昨シーズンのハイライトに数えられる。

室内楽では、自身が率いるピアノ・トリオ、シェヴリン・トリオでの活動に加え、これまでにピンカス・ズーカーマン、ファジル・サイ、ルノー・カピュソン、ヴォルフガング・クリスト、クリスティアン・ゲルハーヘル、オーリン・クァルテットといった演奏家たちと共演してきた。デュオのパートナーである芦川真理子と組んで、ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ・ピアノ・デュオ部門で入賞している。

2011/2012シーズンで特筆すべきは指揮者エミーリオ・ポマーリコとの共演で、ルイージ・ダッラピッコラ作《ディアロギ》をその指揮で録音している。2013年には〈ヴィッテン音楽祭〉(ドイツ)に出演し、またハインツ・ホリガー指揮でCD録音したシューマンのチェロ協奏曲は高く評価されている。2014年にはフランコ・ドナトーニのチェロ独奏作品をエディツィオーン・ツァイトクラング(レーベル)からリリースした。2015/2016シーズンにはティアンワ・ヤン、ニコラス・リマーとピアノ・トリオで共演の予定。また2017年には〈新しい室内楽のためのヴィッテン音楽祭〉で、マルコ・ストロッパ作曲のチェロと室内オーケストラのための協奏曲の世界初演を手掛ける。

シェヴリンは、室内楽のコンサートシリーズである〈ケルンのための室内楽〉の創立メンバーの一人。使用楽器はマッテオ・ゴフリラー1730年製と、希少なジョン・フレデリック・ロット1850年製。

「技術的に非常に高い能力を持ち、それが洗練されたスタイルや、深い音楽性、情緒面の一貫した誠実さ、そして知的厳粛さと調和している芸術家が、時折現れることがある。
オーレン・シェヴリンはそんな芸術家である。
冒頭から、(略) シェヴリンが並外れた深さと才能を備えた音楽家であることが明らかであった。(略) シェヴリンによるコダーイの無伴奏チェロ・ソナタop.8の演奏は衝撃的だった。」
英The STRAD誌 2000年9月号


(C) Kojima Concert Management (KCM) All Rights Reserved

※このアーティストについてのお問い合わせ・御依頼の際は下記にご連絡ください。

 KCMアーティストサービス Tel. 090-3727-6539
 E-mail.
kojimacm@ops.dti.ne.jp
 KCM東京事務所 Tel. 03-5379-3733 Fax. 03-3353-6881



アーティストリストEnglish