コジママーク  
TEL:03-5379-3733/FAX:03-3353-6881 アーティストサービス TEL:090-3727-6539/FAX:03-3353-0517


アーティスト
リスト


 
プラジャーク・クヮルテット(弦楽四重奏)Prazak Quartet
   
ヤナ・ヴォナシュコーヴァ(ヴァイオリン)/ヴラスティミル・ホレク(ヴァイオリン)
ヨセフ・クルソニュ(ヴィオラ)/ミハル・カニュカ(チェロ)
 
日本公演実施期間=2018年5月30日〜6月15日迄('17. 1月時点)
プラジャーク・クヮルテット プロジェクトニュース

今日、最も国際的に活躍するチェコの弦楽四重奏団のひとつであるプラジャーク・クヮルテットは、メンバーがまだプラハ音楽院の学生であった1972年に結成された。以来このカルテットは、比類なきチェコのカルテットの伝統を受け継ぐものとして、そしてその音楽の質の高さによって注目を集めてきた。

1974年のチェコ音楽年にプラハ音楽院室内楽コンクールで第1位を獲得。1975年プラハの春音楽祭で演奏を行って国際的なキャリアを踏み出した。そして1978年にはエヴィアン弦楽四重奏コンクールで第1位に輝き、同時にコンクール中の最優秀録音に授与されるラジオ・フランスの特別賞も獲得。他にもチェコ国内の様々なコンクールで受賞。
以後30年以上にわたり世界中の舞台で活躍を続けている。ヨーロッパ音楽界の主要都市であるプラハ、パリ、アムステルダム、ブリュッセル、ミラノ、マドリード、ロンドン、ベルリン、ミュンヒェンなどで公演を重ねるほか、幾多の国際的なフェスティバルに招聘されては、メナヘム・プレスラー、ヨゼフ・スークといった第一級の演奏家たちと共演している。

近年では北米での活躍も目覚しく、ニューヨーク(カーネギー・ホール、リンカーン・センター、92番街Y)、ロサンジェルス、サンフランシスコ、ダラス、ヒューストン、ワシントン、フィラデルフィア、マイアミ、セントルイス、ニューオリンズ、クリーブランド、ヴァンクーヴァー、トロント、モントリオールなど数多くの都市から度々招かれている。

現在はプラーガ・デジタルズ(販売はハルモニア・ムンディ)と専属契約を結んでおり,同レーベルからはこれまでに35枚を越える受賞CDがリリースされている。更にフランス、ドイツ、オランダ、チェコなどヨーロッパ、及び米国で放送向けに多数録音を行っているほか、スプラフォン、パントン、オルフェオ、オッターヴォ、ボントン、ヌォヴァ・エラによる録音もある。

2010年になって、同カルテット設立時から第一ヴァイオリンを担ってきたヴァーツラフ・レメシュの左手の状態が悪化して演奏を続けることが困難となったため、コチアン弦楽四重奏団で長年第一ヴァイオリンを務めていたパヴェル・フーラが引き続いで活動を続けていたが、2013年頃より、フーラが病を得て、極めて多忙なプラジャーク・クヮルテットの一員として活動を継続することが次第に困難となってきたことから、ウィハン・クヮルテットの第一ヴァイオリン奏者でプラハ芸術アカデミー教授でもあるレオシュ・チェピッキーが徐々に代わりを務めてきた。すでに数多くの演奏会でプラジャークの一員として演奏するのみならず、フランスのレーベル ミラーレのためにブラームスやヒンデミットの作品をレコーディングしていたのだが、チェピッキーはその要職と世界各国への演奏旅行などで多忙極めるプラジャーク・クヮルテットでの活動を両立させることが次第に困難となったため、新たな第一ヴァイオリン奏者の起用が急務となっていたところに、ソリスト・室内楽奏者の両面で傑出した技量を示している若手女性ヴァイオリニスト ヤナ・ヴォナシュコーヴァとの劇的な出会いがあり、彼女の加入により、ここにプラジャーク新時代が始まることとなった。


(2015年7月現在) 

「一気にキャリアを駆け上がったが、今は深さとゆるぎなきスタイルという段階に到達している。驚嘆に値する」
ジュート・ドイチェ・ツァイトゥング
(C) Kojima Concert Management (KCM) All Rights Reserved

※このアーティストについてのお問い合わせ・御依頼の際は下記にご連絡ください。

 KCMアーティストサービス Tel. 090-3727-6539
 E-mail.
kojimacm@ops.dti.ne.jp
 KCM東京事務所 Tel. 03-5379-3733 Fax. 03-3353-6881

 
新聞・雑誌掲載記事

コンサートレヴュー

プラジャーク・クヮルテット プロジェクトニュース


Quartet Alliance クヮルテット・アライアンス

プラジャーク・クヮルテット オリジナルホームページ


アーティストリストEnglish