コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
TEL:03-5379-3733/FAX:03-3353-6881 アーティストサービス TEL:090-3727-6539/FAX:03-3353-0517


アーティスト
リスト


 
小栗まち絵(ヴァイオリン)Machie Oguri (Violin)
小栗まち絵

 大阪に生まれる。東儀祐二、江藤俊哉、斎藤秀雄、ジョセフ・ギンゴールド、フランコ・グリの各氏に師事。
相愛音楽教室、桐朋学園高校音楽科を経て、1971年桐朋学園大学卒業。
1968年第37回日本音楽コンクール第1位・海外派遣コンクール安宅賞を受ける。
1972年第6回ヴィニアフスキー国際ヴァイオリンコンクール特別賞。
1973〜1975年インディアナ大学ブルーミントン校に留学してアーティスト・ディプロマ課程修了。
1974年インターナショナル弦楽四重奏団を結成し、1976年フランスのエヴィアン(現・ボルドー)国際室内楽コンクール第1位大賞を受賞。1977年ミュンヘン国際コンクール弦楽四重奏部門にも入賞し、同年ニューヨーク・デビューを飾る。
その後は欧米を中心に演奏活動を続けながら、1976年〜1980年にはインディアナ大学サウスベンド校助教授、1980年〜1986年まで ブラウン大学アーティスト・イン・レジデンスをそれぞれ務める。
 日本国内ではこれまでにNHK交響楽団、東京都交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪シンフォニカー、大阪センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等と協演。
1994年には貴志康一のヴァイオリン曲集「竹取物語:貴志康一作品集」CDをビクター・レーベルよりリリースして話題となる。
1996〜1997年 イシハラホール・バッハ・シリーズにて、「バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ及びヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ」全曲を演奏。
2002年10月〜2003年6月 神戸新聞松方ホール主催公演として開催された「ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 全曲チクルス」(ピアノ:児嶋一江)における名演奏は改めて近年の演奏家としての充実ぶりを示したものとして絶賛を博した。
 これまでに、日本音楽コンクール、全日本学生音楽コンクール、ABC新人オーディション、神戸国際学生コンクール、T.ヴロンスキ国際無伴奏ヴァイオリン・コンクール(ポーランド)等の審査員、松方ホール音楽賞選考委員等も務める。
 現在は、相愛大学教授を務め、数多くの優秀な音楽家を輩出していることへの評価は極めて高いが、近年は演奏家としての存在感のある活動も注目を集めており、ソリスト、室内楽奏者、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー、いずみシンフォニエッタ大阪のコンサートミストレスとしても欠かせない存在である。
第34回(2004年度)エクソンモービル音楽賞洋楽部門本賞を受賞。
平成19年度 大阪芸術賞特別賞受賞。
平成21年度 大阪市市民表彰受賞。
平成28年度 大阪文化祭賞最優秀賞 受賞。

(2017年4月現在)


(C) Kojima Concert Management (KCM) All Rights Reserved

※このアーティストについてのお問い合わせ・御依頼の際は下記にご連絡ください。

 KCMアーティストサービス Tel. 090-3727-6539
 E-mail.
kojimacm@ops.dti.ne.jp
 KCM東京事務所 Tel. 03-5379-3733 Fax. 03-3353-6881

  

新聞掲載記事

小栗まち絵 NEWS


アーティストリストEnglish