コジママーク コジマ・コンサートマネジメント  
TEL:03-5379-3733/FAX:03-3353-6881 アーティストサービス TEL:090-3727-6539/FAX:03-3353-0517


アーティスト
リスト


 
今峰 由香(ピアノ)Yuka Imamine (Piano)  
     

あのハンス・フォン・ビューローが初代学長を務めて以来、数々の歴史的巨匠達が教授を務めてきた 名門 ミュンヘン国立音楽大学。弱冠32歳で同大学ピアノ科教授に就任したことは日本人として初の快挙。

5歳より、ヤマハ音楽教室幼児科でピアノを始める。ヤマハジュニアオリジナルコンサートの国内外の数々のコンサートに出演。アメリカ、メキシコ、イスラエル演奏旅行にも参加。
関西学院大学文学部卒業後、ミュンヘン国立音楽大学に入学し、94年最優秀の成績で卒業。96年同大学院マイスタークラス修了。さらに、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて研鑽を積む。
93年ドイツ・ドルトムントで行われたシューベルト国際コンクールで優勝。これを機にヨーロッパでの演奏活動が始まる。その後、イタリア・カリアリでのエンノ・ポリーノ国際ピアノコンクール、スペインのハエン国際コンクールで入賞、96年には、イタリアのアレッサンドロ・カサグランデ国際コンクールで第1位、97年スイス・チューリッヒにおけるゲザ・アンダ国際コンクール第3位入賞など、数々の国際コンクールで成功を収める。
チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン交響楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団等、ヨーロッパ各地のオーケストラからソリストとして招聘されるほか、各地でのリサイタル、主要フェスティバルに招待されている。室内楽の分野でも指揮者・ロリン・マゼールとは彼がヴァイオリンを弾く際に共演。さらに元ベルリンフィル首席クラリネット奏者ウルフ・ローデンホイザー、オーボエのインゴ・ゴリツキやフランソワ・ルルーなどとも共演しており、そのブリリアントなテクニックとインスピレーションに満ちた繊細な演奏は多くの聴衆を魅了し、ヨーロッパ各新聞でも絶賛されている。
今峰由香のコンサートやレコーディングはヨーロッパ各地のテレビ、ラジオ等でも放送されており、シューベルトやラヴェルのピアノソロ作品によるCDが高く評価されているが、2016年には日本のLIVE NOTES レーベルより『今峰由香 プレイズ ベートーヴェン』をリリース。レコード芸術特選盤に選ばれるなど新聞・音楽誌上で絶賛を博している。
2002年、弱冠32歳の若さで、ミュンヘン国立音楽大学ピアノ科教授に就任。その後、国際講習会の講師として招聘されるなど、後進の指導に力を注ぐ。
ドイツ音楽コンクールの審査員を勤めるなど、ヨーロッパを中心に多方面の活動を行っている。
坂弘子、宇野紀子、クラウス・シルデ、マルガリータ・へ一エンリーダー、ミヒャエル・シェーファー、セルジョ・ペルティカローリの各氏に師事。


(C) Kojima Concert Management (KCM) All Rights Reserved


 限りない演奏の喜びに導かれて、音楽が彼女から流れ出すようであった、
 まるで尽きることの無い泉から湧き出るように。
 この芸術家は透明な響きと、高度に磨き抜かれたピアノ芸術の全てを見せてくれた。
 南ドイツ新聞つぶらな珠が連なるようなタッチ、ピアノが煌く。
 ・・・・・このことを今峰由香はやってのけた。大きな啓示
 ミュンヒナー・メルクール紙

 今峰が描くシューベルトは時代を超越している。そして彼女が弾くシューベルトは、
 シューベルトらしい曖昧さを持ちながら、感傷を排除したものだ。
 西ドイツ新聞

 ・・・・極めて繊細なピアニシモから最も力強いフォルティシモまで、
 いまだ記憶に残るアルトゥール・ルビンシュタインを彷彿とさせる高貴な歌・・・・  
 シューベルトが楽譜に込めたものが、このピアニストの手によって、
 聴き手全ての心に響く迫真のリアリティで甦った。
 シュヴェービシュ新聞

  受賞歴を重ねたこのピアニストは、自らの音楽的親和性がロマン派の
 抒情的な響きの世界にあることをはっきりと示している。
 外見はたおやかだが音楽の大きなエネルギーを持ち、絶対的な情感は天性のもの
 南ドイツ新聞

 シューマンの《子供の情景》では火花が散るようだった。
 今峰由香はこの作品の素朴さと優しいメランコリーを、
  表現豊かに詩情溢れる演奏で実現していた。
 特に、ロマン派的な性格描写芸術の宝石といえる《トロイメライ》は、
  あらゆる情念的なものから遠く距離を置く解釈で感動を呼んだ。
 新チューリヒ新聞

 ・・・・彼女はピアニストとしての真の美徳を示した。立体的な造形と、更に知的明晰さを。                           
 ドレスナー・ノイエステ・ナハリヒテン紙

 ・・・・今峰由香は音楽の劇性を、力強い表現で、 絵画のような具象性で描き出していた。
 西ドイツ・アルゲマイネ紙



※このアーティストについてのお問い合わせ・御依頼の際は下記にご連絡ください。

 KCMアーティストサービス Tel. 090-3727-6539
 E-mail.
kojimacm@ops.dti.ne.jp
 KCM東京事務所 Tel. 03-5379-3733 Fax. 03-3353-6881


『今峰由香(ピアノ)プレイズ ベートーヴェン』CDレヴュー

'16. 12/23(金・祝)
漆原朝子(ヴァイオリン)& 今峰由香(ピアノ)デュオ・リサイタル
京都府立府民ホール アルティ


今峰由香 NEWS

新聞・雑誌掲載記事

今峰 由香 オフィシャルサイト


アーティストリストEnglish